CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORY
SELECTED ENTRIES
COMMENTS
PROFILE
LINKS
ARCHIVES
OTHER
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
Template by.鈍色*nostalgia
Arranged by.雪
Material by. web*citron
Photo by.+ MAPPY +
MAIL FORM
なにかありましたら
こちらで連絡お願いします。
Powered by NINJA TOOLS
ブクログ
PICK UP!
SEARCH
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | |
スイレン
特徴:熱帯性で、夜に花を咲かせます。

育て方:5月〜6月の日当たりの良い場所に植えます。アブラムシが発生しやすいので、注意が必要です。

※池がないと植えられません
[花日記]サ・タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | |
サフラン
特徴:秋咲きのクロッカスの一種で高級スパイスのサフランが採れます。

育て方: 8月〜9月の日当たりの良い場所に植えます。6月頃、葉が枯れたら球根を掘り上げ、日陰で乾燥させます。

利用法:10月〜12月に花が咲くので、雌しべを採って、低温のオーブンレンジですばやく乾燥させます。雌しべは、体を温め強壮作用や発汗作用があり、風邪、婦人病にも良いと言われています。料理の色付けや風味付けに良く使われます。

水量:水量3
[花日記]サ・タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | |
チューリップ
特徴:代表的な春の花の一つです。花色も豊富で、育てやすい植物です。花壇に群植すると華やかになり効果的です。

育て方:10月〜12月の日当たりの良い場所に植えます。花が散る6月頃に球根を掘り上げます。

水量:水量3
[花日記]サ・タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ストロベリー
特徴:ワイルドストロベリーと呼ばれ、名のとおり野生の苺です。薬効が高いことで古くから薬用ハーブとして利用されています。夏につける実は、普通の苺よりも香 りが良く料理にも利用できます。

育て方:4月〜6月、9月〜10月の日当たりの良い少し湿り気のある土に植えます。雨の日に収穫すると、傷口から病気が侵入することがあるので、晴れた良く乾燥し た日に収穫しましょう。

利用法:実は生食のほか、お菓子の材料にしたりジャムにしたりします。実には鉄分が豊富にふくまれているので、貧血、リウマチなどに効果があります。葉のハーブ ティーには、精神安定作用や強壮作用がありますが、葉には毒素も含まれているので、よく乾燥させて使用します。

水量:水量2
[花日記]サ・タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ソープワート
特徴:光沢のある楕円形の葉と、薄いピンクの花が咲きます。全草に「サボニン」を含み、葉や根から石鹸を作ることができます。

育て方:3月〜5月、9月〜10月の日当たりのよい場所に植えます。「サボニン」は軽い毒性があるので、池の側には植えないようにします。

利用法:煮出した液を洗剤や柔軟剤に利用できます。浸出液には、傷んだ髪や肌を改善する効果があります。薬用に使用する場合は専門家のアドバイスが必要です。

水量:水量4

[花日記]サ・タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | |
セイヨウアサガオ
 特徴:普通のアサガオと違い、朝から昼頃まで花を開きます。

育て方: 5月〜6月の日当たりのよい場所に種を蒔きます。葉が多いので乾燥しないように、朝か夕方に水をたっぷり与 えます。

水量:水量2
[花日記]サ・タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | |
タンジー
特徴:シダに似た葉で、黄金色で筒状の花がたくさん咲きます。食用にはなりませんが、染色やポプリなどに利用されます。

育て方: 3月〜5月、9月〜10月に半日陰か、日当たりの良い場所に植えます。ほとんど世話も要らず、育てやすい植 物です。

利用法: 葉には防虫作用があるので、室内につるしたり、カーペットの下に入れて虫除けにします。また、乾燥させた花 や葉をベットの小屋などに置くと効果的です。妊婦の使用は避けましょう。

水量:水量4
[花日記]サ・タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | |
セージ
特徴:葉は灰緑色で、表面がザラザラしています。夏に、小さな青紫色の花が咲きます。昔から薬用、料理用に栽培・利用されてきたハーブです。

育て方: 3月〜5月、9月〜10月の日当たりのよい場所に植えます。植え付け後は、たっぷりと水を与えますが、苗が しっかりしてきたら、やや乾燥ぎみに育てます。梅雨期には注意が必要です。

利用法:脂肪分の多い料理や、レバーなどの臭みの強い料理によく利用されます。ビネガーやバターに加えたり、ティーにして利用します。葉には殺菌作用や、神経の強 壮・血液の浄化作用、生理不順や、更年期障害を改善する作用があります。旺露やてんかん患者の使用は避けてください。

水量:水量4
[花日記]サ・タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ステビア
特徴:葉には「ステビアサイド」という砂糖の約300倍も甘い物質があり、低カロリー甘味料として使用されます。

育て方:3月〜5月、9月〜10月の日当たりの良い場所に植えます。

利用法: 葉を、飲み物や料理の味付けとして少量加えます。低カロリーなので、ダイエットの時に利用すると良いでしょ う。

水量:水量4
[花日記]サ・タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スイセン
 特徴:チューリップと並ぶ秋植え球根の代表選手です。早春に、白や黄色の清楚な花を咲かせます。丈夫で育てやすいので、誰にでも楽しむことができます。

育て方:8月〜10月の日当たりの良い場所に植えます。水やりは、ひどく乾燥しないかぎり不要です。数年は植えっぱなしでも毎年花を咲かせます。

水量:水量5
[花日記]サ・タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | |
1 / 1 * main *